現役美大生でデザイナーの自己紹介2021

更新日:2021年12月7日




こんにちは。AJULIEの山本と申します。 今回は私の自己紹介も兼ねて、2020年行った仕事や学業などをまとめていきたいとおもいます。

その前にまず簡単に好きなものを。

2020年以前の経歴


高校:服飾専門科所属
大学 : 東京五美大のうちの一つに所属。
    学芸員/教職/デザインチームメンバー

仕事:学校で習ったことを生かしフリーランスに。(2019/8月)

街のロゴやwebサイトの装飾イラストなどを2019年やらせていただきました。

・2020の経歴



「お仕事編」
・和菓子屋さんのPV動画編集
・webサイト用画像編集
・パッケージデザイン
・企業ロゴ2件
・5店舗パンフレットデザイン
・パンフレット用イラスト5件
・パンフレット用ベクターイラスト1件

「コンペ・展覧会編」

・手帳デザイン
・ポストカードイラスト展覧会イラスト
・ポスターデザイン
・履修の手引きデザイン
・バスの装飾デザイン

→詳しくはお仕事紹介を閲覧くださいませ。

2020年から個人事業主をさせていただいています。


・学生×デザイナー兼業の経緯

大学一年生の初めての授業。それは、Adobe IllustratorやPhotoshopを触る授業でした。私は人一倍容量が悪く、初めての作業は大体いつもうまくいきません。必ずと言って良いほど失敗するのです。 そして、案の定私はこの授業に、ついていけませんでした。一人授業が終わった後残り、先生に教えていただいても分かりませんでした。 そして、そのまま時が過ぎ最終講評の時、私は最後までIllustratorが理解できませんでした。そのため、Illustratorを出来るだけ使わないようにする為に写真を題材にしたデザインを制作しました。


このままじゃダメだ。

これからもたくさんこのソフトを使っていくだろう。私は要領が悪いが、人よりたくさん練習して結果を出してきた。私ならできる。まだ頑張って出来るまでやろう。と。

ならば、どうすれば学校で生かしたことを継続しつつそれを伸ばしていくことができるのかを考えました。 私は自分に甘いと言うことは、重々承知しています。なので、以下のようなことを考えました。


・仕事とすることで無理矢理学んで行かなければならない状況を作る。
・月々学費として決めた額を親に送る。
・自分の欲しい物は自分で稼ぐ。

これらの目的を定めて仕事を行なっています。 これが実行できたのは、もちろん周囲のご協力があったおかげです。 未熟ながらご教授いただいた社交の知識や常識はとても私を成長させてもらいました。 良いご縁に恵まれ感謝してもしきれません。

そして、出来るまでやり続ける精神力と忍耐力は、高校生の時についた力でした。服飾科にいた私は、相変わらず容量が悪くこだわりが強いため、とても迷惑な生徒だったと思います。 そんな私でも成長できているのは、決して妥協を許さない先生のおかげでした。 先生は、刺繍の仕方や縫い方が違うなどの間違えを見つけた時、すべてやり直しをさせます。それがどれだけの量のやり直しになろうとも。 ファッションショーの服を作る時、徹夜続きで床で寝たり寝不足でまち針で怪我なんて日常茶飯事の毎日を送りました。 私は、みんなに迷惑ばかりかけていたのにファッションショーの日私が最初に泣いてしまいました。 それほど頑張れた記憶は、今でも私を踏ん張らせてくれます。




私にとって仕事とは

私にとって仕事とは、活動源です。元々作品作りなどを行なってきたので、物を作り人に喜んでもらえる嬉しさをよく知っています。これは、私の強みで、生きる糧です。

仕事を通し、クライアントに喜んでいただいたり、クライアントを通し消費者に喜んでいただき、とても良い機会を頂いているなと感じています。

もちろん、失敗から学ぶことも多く、学生という小さいコミュニティから社会というコミュニティを学べることに、とてもやり甲斐と成長を感じています。

私にとって仕事とは、自分の生きる活動源となっています。


・2021年やりたい事


・小説を書きそれを漫画にする。
・イラスト素材サイトを作るまたは投稿
・TOEIC頑張る。
・1日1絵

あとは継続して頑張る事!挑戦をやめない!

この記事に関連して



閲覧数:24回0件のコメント